実需向け売買仲介店開設

 アパルトマンエージェント(大阪府吹田市)は19日、売買専門の店舗を兵庫県尼崎市に開設した。
 場所は阪急神戸線「武庫之荘」駅北口改札から徒歩2分。武庫之荘エリアで分譲マンションや戸建て住宅の開発が盛んなことから、実需向けの売買仲介専門店をオープンした。


 同社の徳千代和也取締役は「従来から手掛ける収益物件の売買では物件情報だけではなく利回りや運用など、さまざまな知識が求められる。実需向けの場合は要望に合う物件を探すことで満足してもらえるため、新入社員の活躍の場として適している」と話す。社員が実力を身に付けキャリアアップできる環境を整備することで安定した雇用を確保したい考えだ。 実需向け売買仲介店舗は今後、他エリアにも展開していく方針。

関連記事