都会的なシンプルさが若者に響く

テナントビルをコンバージョンし、3~4階部分を賃貸住宅に改装したのは愛郷土地ホーム(新潟県新潟市)。
建物は、JR新潟駅から徒歩10分程度の大通りに面している。
立地の良さもさることながら、シンプルでスタイリッシュな内装が若い単身者の心に響いた。
写真の部屋は3階にある一室だ。
愛郷土地ホーム01.jpg
壁の白色と床のグレーを基調に、壁の一部には白いレンガ調のアクセントクロスを取り入れた。
アイランドキッチンの表面に使用したのは、ビンテージ風のレンガ柄クロスだ。
2種類のレンガ柄を取り入れているにも関わらず部屋がうるさくならないのは
シンプルな色味で統一しているからだろう。
キッチンのレンガクロスは洗面台の壁にも使用している。
愛郷土地ホーム03.jpg
間取りは38.8㎡の1LDKだが、
壁ではなくスライド式の間仕切りを設置しているため広々としたワンルームとしても使える。
収納も工夫した。
間仕切りで仕切れる居室の奥にオープンの収納スペースを設置し空間の広さを確保した。
愛郷土地ホーム02.jpg
賃料は4室とも7万円台前半で設定している。
4室ともシンプルなデザインは共通しているが床色やアクセントクロス、
備え付けの家具はそれぞれ異なるものを選択し、変化をつけている。

関連記事