明るい雰囲気のカフェ風に改修

家賃1万2000円アップでカップルが成約
リフォーム、リノベーション事業を展開する北日本コミュニティー(北海道札幌市)は築43年の和室2LDKを明るいカフェ風の1LDKにリノベーションした。
             BEFORE
北日本コミュニティー_20170501_01.jpg
家賃は1万2000円上昇し5万8000円。
3年間空室が続いていたが、完成前に契約が決まった。
対象となった物件は札幌市営地下鉄南北線「北24条」駅から徒歩10分の『越山コーポラス』の一室。
主なターゲットとしたのは芸術的な感性を持っている20~30代の夫婦もしくはカップル。
朝は共にコーヒーを飲み、夜はお酒を嗜む暮らしができるようなLDKに改修した。
間取りは51㎡の2LDKからリビングに30㎡用いた広い1LDKにした。
LDKが二面採光となることで日差しが部屋に差し込み明るい部屋になっている。
そのほか、キッチン後ろにはキッチン台と同程度の高さの収納スペースを設置しており、上部を調理台として料理をしながら夫婦がコミュニケーションを取りやすい空間になるよう工夫をしている。
北日本コミュニティー_20170501_03.jpg
キッチン収納スペース上部にはレンガ調のアクセントクロスを張っている。
一般的といえる赤褐色を使用せず、あえて白を基調にしたものを選択することで窓のないキッチン空間に明るさを持たせた。
そのまま居室側の一面と通路の壁面には同じアクセントクロスを用いた。
床材には白いレンガ調のクロスとは対照的な黒っぽいヴィンテージ風の木材を使用した。
北日本コミュニティー_20170501_02.jpg
入居者は30代男性と20代女性のカップル。
カフェ風で明るい雰囲気が入居の決め手だった。
工事費は約230万円。

関連記事