小上がり付き40㎡の1K

1万円の家賃アップで6部屋の空室を解消
小笠原淳オーナー(岩手県滝沢市)は購入した築34年のアパートを2DKからデザイン性の高い1Kに変更し、10戸中6戸空いていた部屋を満室にした。家賃は約1万円増額し、4万5000円だった。
物件はJR東北本線「仙北町」駅から徒歩20分の『オガール』。広さは約40㎡で、和室に砂壁、風呂はバランス釡の部屋だった。20代の単身者をターゲットに、居室が25㎡の1Kに間取りを変更。畳を取り除きフローリングに変え、居室の奥には、シングルベッドが収まる程度の小上がり部分を設けて、寝室スペースに使えるようにした。
after
小笠原 after.jpg
before
小笠原 before.jpg
小上がりには目隠しを取り付け、キッチンや玄関から見えないように配慮。天井と壁に差し色でターコイズブルーを入れ、爽やかな印象にした。壁の一部にクジャク柄の模様を施している。
小笠原.jpg
「他の部屋でも奇抜な色を組み合わせてデザイン性を重視した」(小笠原オーナー)。入居したのは20代の女性が中心で、内装を気に入ったようだ。工事費は60万円。

関連記事