いい生活、オートコールサービス開始

 不動産クラウドサービスを提供するいい生活(東京都港区)は13日、物件確認業務を効率化するサービス『ES‐B2B call』(イーエスビートゥービーコール)の開始を発表した。管理会社向けの同社既存サービス『ES‐B2B賃貸』利用顧客に対し、オプションとして提供する。
 新サービスは、24時間365日オートコールで対応。空室状況の確認やチラシのFAX送付を行うことが可能だ。今回のサービス開始で仲介会社からの問い合わせ電話対応とそれに付随する業務の省人化を期待できる。また、営業時間外や休日の問い合わせによる機会損失を防止する。


 同社担当者は、「既存サービスでも、サイト内で最新の空室状況確認はできた。しかし一定数電話で確認する会社が存在していた。業務の効率化を推進するため、今回のサービス開発に至った」と話した。
 14日現在で新サービスへの申し込み数は6社。基本使用料5万円~で、本サービスは3万円~が追加できる。申し込み翌日から使用可能だ。 同社は今後、空室確認システムと内覧自動予約システムの拡充を目標としている。

関連記事