2年に1回の『ペット面談』

コスモサービス

その他|2020年01月19日

  • twitter

コスモサービス (福岡市) 徳山太士社長(40)

室内と動物の状態を確認

 1500戸を管理するコスモサービス(福岡市)は、管理物件の8割がペット飼育可能だ。ペットを飼育している場合、室内の損傷が激しくなりがちだが、正しく飼育をすれば防ぐことができる。そのため同社では、管理担当者がペットを飼育している入居者の部屋に入室し、ペットと室内の状態を定期的に確認する『ペット面談』を行っている。15年ほど前から開始し、2年に1回実施。賃貸借契約時には営業担当者の入室を承諾する特約を交わし、入居者は飼育するペットの申告を行わなければならないという特約だ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ