キャンズ、採用広告費年間4500万円削減

キャンズ

企業|2020年04月09日

  • twitter

お寺での新人研修の際の決意表明の様子

 原状回復、リフォームを手掛けるキャンズ(神奈川県横浜市)は10年前から中途採用をやめ、採用は高卒の新卒採用のみに変更し、収益改善に成功した。

人事戦略を変え利益率2倍超

 中途採用を行っていた10年前の売り上げは1億4900万円で、純利益は226万円。一方2019年の決算では売り上げ4億1855万円、純利益は1400万円と利益率2倍以上に改善した。「当時、利益を圧迫していたのは中途採用の広告費用だった」と同社の飯田龍也社長は語る。毎週求人サイトに広告を出稿し、年間で4500万円ほどを支払っていたが、人が入っては辞め、入っては辞めの繰り返しだった。「内装業の中途で応募してくる人は生活が乱れている人も多い。初出勤して3時間で帰ってしまうような人もいた」(飯田社長)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  5. イタンジ、入居状況を自動回答する機能、提供

    イタンジ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ