AI開発やデータ分析強化

企業|2019年05月29日

  • twitter

アットホーム新会社設立

 不動産情報サービスを提供するアットホーム(東京都大田区)は23日、新会社「アットホームラボ」の設立を発表した。AI(人工知能)技術の開発と不動産データの分析担当部門が独立。データソリューション事業を強化する。アットホームホールディングス(同)が統括するアットホームグループのグループ会社として、6月1日から業務を開始する。

 アットホームでは近年、ストックする不動産データを活用し、物件評価サービスの提供や不動産市況の分析、AIによる不動産業務の効率化といったデータソリューション事業を行ってきた。新設するアットホームラボは、AIなどの先端技術や不動産ビッグデータの活用を中核に事業を展開する。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ