【書籍紹介】建築学科のための不動産学基礎

その他|2021年10月08日

  • twitter

学芸出版社 2420円(税込み)

建築学科のための不動産学基礎
高橋寿太郎、ほか11人 著

 大学で建築を学んだ12人の不動産専門家が執筆した「建築・まちづくりを仕事にする人に贈る、一生役立つ必携書」。不動産業界で働く建築学科出身者にとって必要となる基礎知識を全12章にわたって紹介している。建築と不動産の関係性、社会背景から不動産実務、マーケティングやファイナンスなどをテーマに解説。読者の理解を深めるための演習問題も適宜用意している。

(10月4日15面に掲載)

おすすめ記事▶『【書籍紹介】不動産オーナー・税理士のための 〔不動産×会社活用〕相続対策の方程式』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ