東日本大震災から8年

企業研究|2019年03月11日

  • twitter

避難解除地域の住居確保が課題

東日本大震災の発生から8年が経過した。

2019年1月末時点で災害公営住宅は2万9495戸と計画の98.4%が完成。
3月いっぱいで応急仮設住宅の無償貸与や、福島県の自主避難者に対する民間賃貸住宅の家賃補助が終了する。

岩手、宮城、福島の被災3県では、内陸の都市部の物件に一時的に入居していた避難民が住宅を新たに購入したり、賃貸物件に移り住んだりと移動が見られる。
宮城県仙台市や福島県郡山市の賃貸物件では、沿岸の避難者の受け入れによる特需の反動により空室率の上昇や、家賃相場の下落も見られるという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ