APAMAN、19年10~12月 前年より減益

APAMAN

企業|2020年02月10日

  • twitter

 APAMAN(東京都千代田区)の2019年10~12月期の営業利益が3300万円と、前年同期より81%低い大幅減益となった。主力の「プラットフォーム事業」(直営店運営・賃貸管理)にて、直営店の減少が響いた。

APAMAN 直営店減少が響く

 同事業の営業利益は前年同期3億3200万円から1億5900万円へ52%の減益となった。

 92拠点あった直営店が87拠点に減り、付帯・関連サービスの粗利が5億800万円から3億3900万円へ減った。付帯・関連サービスの減少は、ガス爆発事故によってスプレー缶などの取り扱いを禁止したことも関係したという。

 賃貸管理戸数も減少し、約1500戸減の8万6506戸となった。管理会社のM&Aで一時的に戸数が急増した分の反動が表れたという。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ