JR東日本とリビタがシェア住居

企業|2019年07月10日

  • twitter

共用スペースのリラックススペース

独身寮を改修し、全112室を運用

 不動産のリノベーションとシェア型賃貸住宅を提供しているリビタ(東京都目黒区)とジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)は東日本旅客鉄道(東京都渋谷区)の独身寮をシェア型賃貸住宅に再生し、内覧会を4日に実施した。

 入居は13日より実施する。東京都三鷹市上連雀にある築44年の建物。部屋数は112室で居室面積は13.5㎡。賃料は月額6万4000円から75000円で共益費が1万5000円。保証金50000円で償却は3万5000円、礼金は無い。家具家電付きでベッド、机、エアコン、冷蔵庫などが付いている。2階の一部には女性専用居住エリアがある。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    2. 仲介手数料返還裁判、大手が「借主の事前承諾」徹底

    3. 「アクセル全開で物件を仕入れてきた」、1年を振り返る

      OYO LIFE(オヨライフ)

    4. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYOLIFE(オヨライフ)

    5. 原状回復費用を定額保証

      アーバンクリエイツ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ