単身社会人向け賃貸ブランド新設

近鉄不動産

商品・サービス|2018年09月24日

  • twitter

異業種交流のニーズをつかむ

▲単身の社会人向け賃貸マンション『Sociale木津川台』の完成予想パース

分譲マンション開発・不動産仲介を行う近鉄不動産(大阪市)は19日、賃貸事業を強化する一環で、単身の社会人向けに特化した賃貸ブランドを新設した。名称は『Sociale(ソシャレ)』で、入居者同士の交流スペースを設けたことが特徴だ。

単身の社会人向けに特化した理由は3つ。1つ目は、近年、社員寮の位置づけを見直す動きが広がっていることで、職住近接による通勤負担軽減や異業種交流の促進を企業が求めていること。2つ目は単身世帯が増加する中で、他者と交流したいというニーズがあること。3つ目は、ターゲットを絞ることで一般賃貸との差別化が図れることだ。

新ブランドの第一弾となる『Sociale木津川台』は、近鉄京都線「木津川台」駅徒歩4分、けいはんな学研都市の精華・西木津地区内に位置する。軽量鉄骨造3階建ての総戸数120戸。入居開始は2019年3月。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 主要都市のアパート賃料上昇

      アットホーム

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 「管理士」法制化で取得意欲増す

    4. 銀行の不動産業参入問題に迫る(自民党・小倉議員インタビュー)

    5. 積水ハウス、賃貸ビジネスにブロックチェーン活用

      積水ハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ