管理受託の営業部隊、結成

信濃土地

企業|2019年11月13日

  • twitter

 管理戸数2100戸の信濃土地(新潟市)は、管理戸数を増やすための営業部隊をつくり10月より始動させた。田中正人社長は「5年後の2024年には現在の倍以上の5000戸近くまで増やしたい」と目標を掲げた。

5年後に5000戸目標

 これまで受託営業は行わず、自然増で受託数を増やしていた。同社の管理戸数は近年2000戸近辺で伸び悩んでいたため、専門の営業体制を構築した。

 具体的には、新潟市内の6支店の従業員を動員する。既存の「管理課」に責任者を配置し、配下の各支店(全6拠点)の店長をマネジメントする形で、支店網の利点を生かして増やしていく。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    3. 収益柱は賃貸管理・ホテル

      TATERU

    4. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    5. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ