管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

平和建設, ウチダレック

企業|2021年02月25日

  • twitter

意匠性を重視してリフォームを行った部屋

 入居率の維持・向上の手段の一つであるリフォーム・リノベーション。提案から施工まで、他社との差別化を図るためのこだわりは各社で異なる。地場の不動産管理会社2社に聞いた。

平和建設、意匠性の高さで差別化

唯一性を訴求し入居率90%台維持

 管理戸数160戸の平和建設(埼玉県戸田市)では、リフォーム時に意匠性の高いデザイン・設備を取り入れて、管理物件の差別化を図っている。管理物件と同じエリアにある、自社所有物件で効果が見られた改修事例を応用して、オーナーに改修案を提案している。5年前から実施しており、河邉政明社長は「入居率90%以上の維持に役立っている」と実感を述べる。オーナーが支払う施工費用は、通常のリフォーム費用の約20%程度の上乗せで可能だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. コロナ下でも盛況!賃貸住宅フェア2021in東京 イベントレポート~前編~

    スマサポ, 絆ジャパン, 双日, 日本エイジェント

  3. 投資に不動産デジタル証券化の新手法が登場

    ケネディクス, 三井物産デジタル・アセットマネジメント, 三菱UFJ信託銀行

  4. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・前編~

    セプト,レンタックス,長栄

  5. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・後編~

    ハウスセゾンエンタープライズ,トップハウス,ライブデザインマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ