家賃補助実施15件にとどまる

全国賃貸住宅新聞社

商品・サービス|2018年08月13日

  • twitter

予算確保の足並みそろわず

セフティネット住宅の仕組み

改正住宅セーフティネット法の施行から10カ月がたつ。登録件数は9日現在、初年度の目標2万5000戸よりもはるかに少ない3147戸だ。さらに同制度のうち、住宅確保要配慮者のみに入居を限定した専用住宅の家賃補助の申請受理数はわずか15件であることが本紙の独自調査で明らかになった。国と自治体の足並みがそろわず都道府県の約6割は「家賃補助の実施は未定」と回答した。家主からは「補助が出ると聞いていたから登録したのに話が違う」と非難の声が上がる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ