短期借り上げサービス開始

スイッチエンターテイメント

商品・サービス|2019年05月23日

  • twitter

取り壊し直前まで空室を有効活用

スイッチエンターテイメント (東京都新宿区) 川田雄大代表(28)

 民泊運用代行サービスを手掛けるスイッチエンターテイメント(東京都新宿区)が20日から、取り壊しが決まっている物件の空室を借り上げて、民泊運用を行うサービス『隙間スイッチ』を開始した。

 同サービスは、取り壊し予定の建物を所有するオーナーやデベロッパー向けに提供する。新しい施設を建築するにあたり、通常は入居者が全員退去するまで取り壊せず、その間の空室は家賃が発生しない。だが、3カ月以上の期間がある場合、同社が周辺の相場家賃で借り上げて民泊運営するため、オーナーは取り壊し直前まで家賃を受け取ることができる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ