【その2】付帯商品の販売スタンス、不動産賃貸会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~付帯商品編~)

レーベンコーポレーション, ファースト・コラボレーション

企業|2020年10月06日

  • twitter

 アパートの入居予定者に販売する付帯商品には実に多くの種類があるが、不動産賃貸会社によって扱う商品の幅や提案スタンスは異なる。前回に続き、今回はレーベンコーポレーション、ファーストコラボレーションの2社の事例を紹介する。

レーベンコーポレーション、差別化の手段として積極提案

ユーザーにメリットあれば導入

 5208戸の賃貸住宅を管理するレーベンコーポレーション(埼玉県上尾市)は、賃貸仲介事業を行うグループ会社レーベンハウス(同)とともに、利用するオーナーや入居者にメリットがあると考えられる付帯サービスの提案を積極的に行っている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. スリーステージ、外国語対応賃貸仲介システム

    スリーステージ

  2. 髙松建設、東京都心に新築賃貸マンション完成

    髙松建設

  3. 重説書面の電子交付実現間近

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会, 湘南らいふ管理, 明和不動産

  4. 仲介・管理会社ノート 家主との関係構築術編⑤ ~後編~

    E-Life(イーライフ)不動産, REI(レイ), ソソグー不動産

  5. 仲介・管理会社ノート 家主との関係構築術編⑤ ~前編~

    タキナミネクスト, アルカディア管財, アート不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ