学生大手、申し込み堅調 2月26日号 【スクラップブック】

その他|2023年07月31日

  • twitter

全国賃貸住宅新聞の今週のイチメン

2024年 2月26日号
学生大手、申し込み堅調

RAプログラムの活動の様子画像 2024年2月までの学生市場の繁忙期動向について、学生向け賃貸の大手事業者3社に取材しました。3社とも23年と比較し堅調に推移していると回答。入居する学生が積極的に物件を探す動きや、高校から1人暮らしをする層のニーズも増えてきているようです。
【続きはこちら】


2024年 2月19日号
51%が管理物件の家賃値上げ

アンケートグラフ 賃貸住宅の家賃が上昇しています。全国賃貸住宅新聞では、全国の管理会社を対象に管理物件における家賃の値上げ状況の独自調査を実施しました。有効回答数149件のうち半数以上で「値上げを実施した」という結果が出ました。物価の値上がりに伴い賃貸住宅の運営コストも増加。これに対応するため、家賃改定の動きが出始めています。
【続きはこちら】


2024年 2月12日号
スルガ、投資物件融資が泥沼化

デモ活動写真 スルガ銀行(静岡県沼津市)の中古アパート・マンションへの不正融資問題を巡る交渉が長期化しています。調停の申し立てから丸2年がたつが、解決への糸口は見えません。銀行側の責任の立証について、個別判断とするのか、体制に問題があったとするかで争点が分かれています。
【続きはこちら】


2024年 2月5日号
エージークリエーションによる賃料未納の問題点を探る

イメージ図 管理会社の賃料未納問題が浮上し、オーナーから不安の声が上がっています。2023年9月以降、ある管理会社からの家賃の支払いが未納となっているといいます。オーナーや関係者らからの取材を進めると、収納代行会社とのいびつな資金関係が浮かんできました。


【続きはこちら】


2024年 1月29日号
能登半島地震、住まい確保急務

被災者へ住宅支援の動き一覧 令和6年能登半島地震(以下、能登半島地震)の発生から1カ月になるが、住宅の被害は約3万棟におよび、被災者への住まいの提供が大きな問題として浮かび上がります。被災者に向けた民間の賃貸住宅を活用したみなし仮設住宅、公営住宅、大手による賃貸住宅の無償提供の動きも広がります。
【続きはこちら】


2024年 1月22日号
能登半島地震、被害対応に奔走

被害が出たのうか不動産の管理物件の画像 1月1日に発生した石川県能登地方を震源地とした大規模な地震(以下、能登半島地震)の影響で、賃貸住宅も被災し、漏水や設備の故障が多発しました。管理会社は被害の確認や対応に追われています。
【続きはこちら】


2024年 1月15日号
賃貸仲介件数ランキング調査、件数 「増加」と「減少」が同率

前年と比較した仲介件数の増減グラフ 全国賃貸住宅新聞企画「賃貸仲介件数ランキング2024」の調査で、賃貸仲介件数が「増加」と「減少」の回答は約38%で同率でした。成約件数を増やす会社と伸び悩む会社の二極化が進んでいるようです。
【続きはこちら】


2024年 1月1・8日号
2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

2024年賃貸仲介件数ランキング1位~10位 全国賃貸住宅新聞独自企画「賃貸仲介件数ランキング」では大東建託グループ(東京都港区)が、前回に続き、首位を独走します。2位に躍り出たのは、タウンハウジング(東京都千代田区)です。新規出店を継続し、前回より二つ順位を上げました。
【続きはこちら】


2023年 12月25日号
レオパレス21損害賠償裁判、借り上げ解除の損害を認定

参考資料画像 レオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)の借り上げ契約解除を巡る裁判で、オーナーの訴えが認められたことが全国賃貸住宅新聞の取材で明らかになりました。オーナーはレオパレスに対し、一方的に借り上げ契約を解除したことへの損害賠償を請求。最高裁の上告棄却により、レオパレス側に2730万円の支払いを命じた二審の判決が10月13日に確定しました。
【続きはこちら】


2023年 12月18日号
シェアハウス、供給増加傾向

シェアハウスの推移グラフ 2023年のシェアハウス市場は、インバウンド需要の回復で好転しています。運営棟数は22年比で増加傾向にあります。一方で、新型コロナウイルスの収束で入居率が高まっているものの、集客への不安はまだぬぐえないようです。
【続きはこちら】


2023年 12月11日号
区分所有法、2024年に改正目指す

区分所有法改正素案の概要 「建物の区分所有等に関する法律(以下、区分所有法)」の2024年内の改正に向け、議論が進んでいます。老朽化した分譲マンションの建て替えの推進や、管理正常化の一手になるのでしょうか。法改正に向けたポイントをまとめます。
【続きはこちら】


2023年 12月4日号
管理大手、EV充電設置を推進

管理大手、EV充電設置を推進イチメン画像 ハウスメーカー系の大手賃貸管理会社が、管理物件に電気自動車(EV)充電器の設置を進めています。将来のEV需要拡大を見越し、オーナーへの提案を積極的に行います。EV充電器設置への補助金の予算をにらみ、2024年度の申請に間に合うように急ぐ動きも出ています。
【続きはこちら】


2023年 11月27日号
賃貸大手、6社中4社増収増益

20231127_0101.jpg 賃貸住宅関連大手6社の2024年3月期第2四半期連結決算では、6社中4社が増収増益となりました。管理戸数の拡大や堅調な入居率が、売り上げにつながる企業が目立ちました。
【続きはこちら】


2023年 11月20日号
セーフティネット制度6年目  受け皿、年10万戸強増加

20231120_0101.jpg 高齢者や障がい者といった、住まいの確保が難しい住宅確保要配慮者(以下、要配慮者)を入居対象とした住宅「セーフティネット住宅」は、10月で制度開始から6年目を迎え、対象物件が増加傾向にあります。一方、制度の活用実態には課題が残り、国は検討会を立ち上げ改善案を協議しています。
【続きはこちら】


2023年 11月13日号
メンテナンス主任者、申込開始

メンテナンス主任者認定証書画像  公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協:東京都千代田区)は6日、新たな資格制度「賃貸住宅メンテナンス主任者認定制度(以下、メンテナンス主任者)」を創設し、講習の申し込みをスタートしました。社員の取得を推進する管理会社も、既に出てきています。
【続きはこちら】


2023年 11月6日号
留学生の秋需要、回復鮮明

情報サイトのホームページ画像 留学生の賃貸住宅需要が、新型コロナウイルス下前の2019年の水準にまで回復してきています。留学生への賃貸仲介を行う不動産会社3社によると、部屋探しの需要にも変化が出てきているようです。
【続きはこちら】


2023年 10月23日号
省エネ性能表示、努力義務へ

省エネ性能ラベルのイメージ画像 2024年4月から、不動産の売買・賃貸時の省エネルギー性能表示が努力義務となります。オーナーが所有物件の省エネ性能を表示するラベルを発行。貸主であるオーナー、サブリース会社は入居者募集時にラベルを表示しなければ、勧告などを受ける可能性があります。
【続きはこちら】


2023年 10月16日号
「要望増加」ネット無料最多【入居者に人気の設備ランキング全国賃貸住宅新聞調査】

2023年に入ってから部屋探しの顧客の希望が大幅に増えた設備ランキング 全国賃貸住宅新聞が9月にアンケート調査を行った「入居者に人気の設備」のうち、2023年に要望が急増した設備では「インターネット無料(以下、ネット無料)」が最多でした。エアコンが初登場で4位に入りました。


【続きはこちら】


2023年 10月9日号
投資需要高まる中古不動産

20231009_0101.jpg 高騰する土地や建築資材などの影響で新築物件の価格上昇が続く中、投資先として注目されるのが中古不動産です。投資の対象種別によっては、新築との価格差が全国平均で半額以下のものもあり、顧客層の広がりも見られます。
【続きはこちら】


2023年 10月2日号
インボイス、準備中が5割

グラフ 適格請求書発行事業者に登録済みですか? 1日からインボイス(適格請求書)制度がスタートしました。全国賃貸住宅新聞による不動産会社への独自調査では、インボイス対応について「準備を進めている」との回答が5割を占めました。「取引先が免税事業者か確認済み」という回答も5割程度となっており、対応に手探り状態となっている姿が浮かび上がってきました。
【続きはこちら】


2023年 9月25日号
逆ざや説明せず販売、不法行為

20230925_0101.jpg 東京地裁で5日、マスターリースをセットにした収益不動産の販売手法に一石を投じる判決が言い渡されました。入居者から支払われる賃料より、オーナーに支払う賃料のほうが高い「逆ざや」となっていることを説明せず、投資用不動産を販売した不動産会社の不法行為を認め、オーナーに対する損害賠償の支払いを命じました。判決のポイントを解説します。
【続きはこちら】


2023年 9月18日号
改正空家対策特措法、12月施行

20230918_0101.jpg 6月に公布された「空家等対策の推進に関する特別措置法(以下、空家対策特措法)」の改正法(以下、改正法)は、12月半ばごろ施行される予定です。これに伴い、一部で空き家に関連するビジネスへの関心が高まっています。空き家の管理と活用、特定空き家の解体に重点を置く、改正法のポイントとともに、各事業者の現状をまとめました。
【続きはこちら】


2023年 9月11日号
賃貸住宅で子育て支援

20230911_0101.jpg 国は、少子化対策「子ども未来戦略方針」において子育て世帯向けの住宅供給を前面に打ち出しています。賃貸業界でも、社会的な意義から、子育て世帯向け住宅の物件企画やソフト面でのサービスの提供に関心が集まっていく可能性があります。公社と民間の3社に取材し、子育て支援住宅に関する取り組みと、実際の反響について話を聞きました。
【続きはこちら】


2023年 9月4日号
管理戸数ランキング調査、
入居率「95%以上」が過半数

20230904_0101-thumb-1316x1257-24621.jpg 全国賃貸住宅新聞独自企画「管理戸数ランキング2023」の調査で、管理物件の入居率が95%以上と回答した企業が5割を超えていました。管理物件における、グループを含めた自社仲介率(自社決め率)は、「1~25%未満」と「75~100%未満」が26%と同率で最多となり、リーシングの体制については幅があるといえそうです。
【続きはこちら】



【2023年 8月28日号】
問われるLPガス料金透明化
設備費上乗せ禁止

20230828_0101-thumb-1075x1194-24489.jpg 液化石油(LP)ガス事業者が賃貸住宅の設備をオーナーに無償で貸し、その分の費用を入居者のLPガス利用料金に上乗せしていた状況を是正する動きが本格化しています。オーナーに対する設備の無償貸与は、提案できる設備の数や種類で、資金力のある大手ガス会社が優位に立つ実態があったとされています。LPガス事業者にとって、営業の機会が平等になると期待の声も上がっています。
【続きはこちら】

【2023年 8月21日号】
民泊ビジネス復調の兆し
訪日需要の回復顕著
20230821_0101-thumb-1771x905-24360.jpg


 
民泊需要の回復が顕著だ。2023年7月28日に国土交通省観光庁が発表した資料によると4~5月の全国の民泊の合計宿泊日数は、22年同期比で2倍以上に伸長。
 コロナ禍によって減少していた訪日需要が回復しており、4~5月の外国籍の宿泊者数は11万4243人で、全体の宿泊者数のうち45.9%を占めています。
【続きはこちら】



【2023年 8月14日号】
学生向けイベントが活発
入居者主体 成長機会に

20230814_0101-thumb-1771x893-24234.jpg
 学生向けマンションや学生寮の運営を行う企業らによる、入居者に向けたイベントが多く開催されています。入居者の学生に主体性を持ってイベントを進行されることで、成長を促せるとして大学への訴求要素となっています。大学は学生の成長を促すことを、高校生やその親へのアピールするなど、win-winの関係性を築いています。
【続きはこちら】




【2023年 8月7日号】
2023年管理戸数ランキング
ハウスメーカー系が戸数増


20230807_ranking1-10-thumb-738x878-23945.jpg 夏の恒例企画「管理戸数ランキング2023」を掲載しました。23年は全国で200戸以上の賃貸管理を行う、全国の1093社をランキング。ハウスメーカーや建築会社を母体とする管理会社は新型コロナウイルス禍からの復調で完工数が伸びたことにより、受託戸数を増やしています。
【続きはこちら】


【2023年 7月24日号】
日管協、メンテナンス主任者制度を創設
住宅の維持保全知識に特化

20230724_0101-thumb-1771x1852-23746.jpg 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)は11月に「賃貸住宅メンテナンス主任者(以下、メンテナンス主任者)認定制度」を創設します。同資格では、賃貸住宅の維持保全に関する基礎知識を身に付けられる。賃貸管理会社の人材育成に活用できる資格といえるでしょう。
【続きはこちら】

【2023年 7月17日号】
区分マンションの相続税評価見直し
時価との乖離がポイントに

20230717_0101-thumb-1772x2312-23625.jpg 国税庁は、マンションの相続税評価の見直しについて、時価の6割程度で調整する方針を6月30日に明らかにしました。対象になるのは、区分所有マンション。一棟所有の賃貸マンションは、今回の評価改正の対象外となっています。
【続きはこちら】

 

【2023年 7月10日号】
大東建託、アパート建築・管理事業に加えて、開発・再販を推進
創業50年に向けパーパス策定

20230710_0102-thumb-350xauto-23473.jpg
 大東建託グループ(東京都港区)は創業50年を控え、その先を見据えた事業展開を計画しています。既存のアパート建築や管理に加え、開発や買い取りリノべーション再販事業にも意欲的です。
【続きはこちら】



【2023年 7月3日号】
不動産IDで官民連携
おとり広告の抜本改革に期待膨らむ

20230703_0101-thumb-1772x1632-23318.jpg

 不動産に固有の番号を付与する「不動産ID」の活用を、官民が推進する動きが活発化しています。国交省の狙いは、不動産IDが普及することで、システム連携が促進され、ポータルサイトにおけるおとり物件や重複掲載の低減すること。長らく問題となっていたおとり広告問題の解決に向けて、新たな取り組みが始まっています。
【続きはこちら】

 

【2023年 6月26日号】
【建築ランキング2023・ハウスメーカー】
大東建託、4万戸超えで3年連続で首位を独走

23.06_1_大東建託、4万戸超えで3年連続で首位を独走.jpeg 当紙特別企画の「賃貸住宅に強い建設会社 年間完工数ランキング2023」を発表しました。3年連続でトップとなった大東建託(東京都港区)や大和ハウス工業(大阪市)など、大手ハウスメーカーの完工数・完工高、戸数増加の理由を取材しました。
【続きはこちら】

【2023年 6月19日号】
急増する不動産エージェント 新たな働き方に注目

23.06_2_急増する不動産エージェント_新たな働き方に注目.jpeg

 不動産仲介業を個人で手がける「不動産エージェント」について取材しました。
 コロナ禍を機に急伸しており、TERASS(東京都港区)では、在籍するエージェント数が500人を突破。新しい働き方・雇用手法として今後注目が集まりそうです。
【続きはこちら】

【2023年 6月12日号】
収益不動産販売、堅調 上場企業の前期決算まとめ

23.06_3_収益不動産販売、堅調_上場企業の前期決算まとめ.jpeg

 収益不動産の開発や販売を行う上場企業の前期決算が発表されました。
 比較可能な8社のうち、7社が増収という結果に。プレサンスコーポレーション(大阪市)GA technologies(東京都港区)など9社の決算の詳細を伝えています。
【続きはこちら】

【2023年 6月5日号】
学生需要復活の兆し コロナ禍前超え

23.06_4_学生需要復活の兆し_コロナ禍前超え.jpeg

 対面授業の再会や留学生の入国解除により、学生の部屋探しはコロナ禍前の水準まで戻ったとの声が上がっています。学生仲介を中心に展開している学生情報センター(京都市)フラット・エージェンシー(京都市)のうか不動産(石川県金沢市)の3社に、今繁忙期の市況を聞きました。
【続きはこちら】

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ