法務省、不動産の相続登記、義務付けへ

法務省

ニュース|2021年02月22日

  • twitter

 法務省の法制審議会は10日、相続時などの土地の登記を義務付ける法改正案を答申した。政府は立案作業の詰めに入る。3月上旬には通常国会に提出するという。

3月上旬に通常国会へ提出

 法改正案の正式名称は「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等に関する要綱案」。民法・不動産登記法部会が2日に開催した第26回会議にて、同案が決定された。所有者不明土地問題の解消が目的だ。

 改正案の目玉の一つが、相続登記などの申請の義務付けだ。不動産の所有権の登記名義人が死亡し、相続などによる所有権移転が生じた場合の登記申請を義務付ける。そのために新たに「相続人申告登記(仮称)」を創設する。

 相続により不動産の所有権を取得した人は、そのことを知った日から3年以内に移転登記を申請しなければならないなど、期限を定めている。

 仮に申請義務のある人が申請を怠った場合、10万円以下の過料が発生する。

 また、遺贈による所有権移転の登記手続きを簡略化する。相続人に対する遺贈による所有権移転の登記は、登記権利者が単独で申請することを可能にする。共同申請主義の例外として新たな規律をつくり、手続きを円滑にする流れもつくりたい考えだ。

 遺産分割については、相続開始から10年を経過した後の分割は、一部の例外をのぞき、無効になるよう見直す。

(2月22日1面に掲載)

おすすめ記事▶『データで見る相続問題』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

  5. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ