4団体合同の緊急対策本部を設置

全住協、日管協、全管協、アパマンショップ,緊急対策本部,復興支援,

商品・サービス|2011年03月28日

  • twitter

社団法人全国賃貸住宅経営協会(東京都中央区)、財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)、全国賃貸管理ビジネス協会(東京都中央区)、アパマンショップネットワーク(東京都中央区)の4団体は、「東北地方太平洋沖地震4団体合同緊急対策本部」を設置した。4団体が協力して被災地の復興支援にあたる。

施策の1つとして、上記4団体のいずれかに属していれば物件情報を掲載できる「災害支援住宅検索サイト」を開設した。同サイトには、(1)仲介手数料0・5カ月分(2)礼金なし(3)家賃1カ月無料、以上3条件を満たした物件の掲載が可能。既に同サイトには全国57万件以上の物件情報がアップされている。なお、不動産情報ポータルサイト「HOME'S」とは既に連動を開始しており、「SUUMO」とも同様の取り組みを進めているという。ネット環境が整備されていない被災地に対しては、電話番号を載せた案内看板を街頭に設置している。設置数は1万枚以上を予定。

また別の施策として、国土交通省・厚生労働省および自由民主党に対し被災者へ一定期間家賃等の補助を行う旨の陳情・提言を行っている。この件に関しては、近日中に回答を得る予定になっているという。

そのほかにも、「4団体被災者支援通信」を制作し、被災地の状況や4団体の取り組みなどを会員に紹介している。仙台に設置された現地対策本部では会員企業から送られた救援物資を、被災地の4団体の会員企業または被害の大きい被災地に届けるなどの支援も行っている。対策本部長であるアパマンショップネットワークの大村浩次社長は、自らも現地に赴き奔走しているという。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ