平和建設、アトリエ付き賃貸でマルシェ

平和建設

管理・仲介業|2023年08月21日

  • twitter

はねとくも 気まマルシェの似顔絵実演販売コーナー

 管理と仲介を行う平和建設(埼玉県戸田市)が、自社で所有しているアトリエ付き賃貸住宅「はねとくも」で7月9日、「はねとくも 気まマルシェ」を開催した。今回で5回目の同マルシェには、近所の住民やSNS告知を見て来た人など、約60人が訪れた。

地域住民との接点増やす

 同マルシェでは、共用のコモンスペースに、東京都三鷹市の農園「TOMIZAWA FARM」で採れた夏野菜や似顔絵の販売コーナー、子ども向けの駄菓子プレゼントコーナーを設置。アトリエスペースでは、入居者であるジュエリー作家の夫妻によるブレスレットやピアスの販売を行った。

 さらに、今回初の試みとしてワンコインフリ―マーケット「あおぞら市」も実施。入居者と平和建設の河邉政明社長が、不要となったボードゲームなどのおもちゃ、店舗設備、服や本を出品。これまでのマルシェにはないラインアップが並び、100円と500円で販売した。

 河邉社長は「はねとくも 気まマルシェは、住宅地で開くイベントで、来場者は半径100m圏内に住んでいる人が中心。半年を目安に行っていて、毎回、同じ内容では新鮮味がなく、つまらないと思われてしまう。かといって、主催者の負担が重いと続けられない。無理なくできることを考えて、今回初めてフリマを開催した」と話す。

近隣住民来場様子

当日は、近隣住民など約60人が訪れた

 同社は、地域の人との接点を増やし続けることを目的に、2022年からははねとくも 気まマルシェとして、出張でイベントに参加している。これまで参加したのは、JR埼京線戸田駅の西口駅前広場で行われた「TODA(トダ)ハロウィンフェス2022」や、さいたま市のレンタルスペース「STUDIO make over(スタジオメークオーバー)武蔵浦和」で行われた「アートむすび市」など。

 今後も、入居者の個性が街の魅力となるようなイベントを行っていく。

河邉政明社長写真

平和建設
埼玉県戸田市
河邉政明社長(51)

 

(2023年8月21日6面に掲載)

おすすめ記事▶『交流イベントで地域活性を図る、コミュニティ賃貸住宅』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ