シノケン、インドネシア第1号物件完成

シノケングループ

商品・サービス|2019年03月27日

  • twitter

サービスアパートメント柱に海外強化

ジャカルタに完成した『桜テラス』の室内

不動産販売や賃貸管理を行うシノケングループ(東京都港区)は13日、100%子会社であるインドネシア現地法人シノケンデベロップメントインドネシア(インドネシア・ジャカルタ)が首都ジャカルタ中心部において、自社開発したサービスアパートメント『桜テラス』第1号物件が完成したと発表した。

『桜テラス』は、敷地面積740m2、地下1階地上4階建てのRC構造でワンルーム58戸のサービスアパートメントだ。
主に日本人駐在員をはじめ、欧米、アジア地域の駐在員、現地富裕層がターゲット。
短期滞在の旅行者も含まれるという。

同社が土地の仕入れ、設計、施工のほか、入居募集、運営までを一貫して行う。
ウイークリー、マンスリーの短期滞在から、長期滞在まで対応する。
同社が一定期間、運用するが、実績を出した後に売却する予定だという。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ