ハウスドゥ、FC店が600店舗を突破

異業種からの加盟が7割

 ハウスドゥ(東京都千代田区)は、加盟契約数が6月30日現在で602店舗になったと7月5日発表した。500店舗を突破したのは2017年12月31日。それから1年6カ月で100店舗増加したことになる。

 ここまで増えてきた要因として、同社のイメージキャラクターを務める元ヤクルトスワローズの古田敦也氏の存在が大きく影響した。また、15年の東証マザーズへの上場、18年1月に東証一部へ上場したことで社会的信用も上がった。これらのブランド戦略が功を奏したと、同社ではみている。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事