日本の不動産証券化販売開始

世界、台湾投資家向けに開始

 不動産の証券化販売『STO』のコンサルティングを行う世界(東京都新宿区)は、9月5日に台湾投資家向けに日本の不動産の証券化販売を開始した。

 『STO』の対象となるのは、東京23区や大阪市の1億~5億円規模の新築・中古マンションや中古戸建てなど複数の物件。1口100万円という単位で販売し、実質利回りは5%以上を予定する。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事