オヨライフ、「一時使用目的で2年契約」違法か

OYO LIFE(オヨライフ)

ニュース|2020年03月23日

  • twitter

 部屋探しから契約までスマホで完結できる「OYO LIFE(オヨライフ)」が、書面手続きのいらない「一時使用目的」の契約形態で最長2年まで住めるよう仕組みを変えている。1年前は90日間の設定だったが、昨夏に上限を延ばしたという。事実上の中長期入居でも一時使用で書面なしで貸せる手法は法的にグレーと見られ、賛否を呼びそうだ。使い勝手の良い同手法が広まれば、賃貸業界の商慣習を根底から覆すことになる。

90日間から契約期間延長

 オヨライフが日本国内で賃貸サービスを始めた2019年3月当初のビジネススキームは、最初の90日間を「一時使用目的」の賃貸借契約を使って貸し出し、それ以降の居住は入居者と定期借家契約を交わすやり方をとってきた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナで民泊稼働ゼロも

    2. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. データで見る 部屋探し最新事情

    5. Shift、初期費用ゼロで差別化

      Shift(シフト)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ