2店舗でIT重説を導入

中央ビル管理

企業|2020年01月20日

  • twitter

 約2万2000戸を管理する中央ビル管理(埼玉県越谷市)は順次業務のIT化に取り組んでいる。2019年10月から国土交通省が行った電子契約の社会実験に参加。契約書面の電子化や、IT重説などを開始した。

電子交付の社会実験に参加

 IT重説については10月から、南越谷本店(同)と新越谷西口営業所(同)の2店舗で開始した。12月中旬までに5件の利用があったが、「一般のエンドユーザーにはまだ十分な周知がされていない」(営業推進課の原桂太課長)ことや、スマートフォンにアプリをインストールする手間や、電波状況などの影響を受ける可能性を課題に挙げる。繁忙期にかけて、学生や社会人が遠方から部屋探しをする件数の増加も見込み、取り込みを図る。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ