大東建託、4月建築受注高、▲44億円

大東建託

企業|2020年05月12日

  • twitter

 大東建託(東京都港区)は7日、4月業績の速報値を開示した。4月はアパート建築の受注高、入居者斡旋件数ともに前年4月を大きく下回った。

前月キャンセル分を新規で補えず

 4月の受注高は約44億円のマイナスだった。これは3月まで計上していた受注分の一部がキャンセルとなり、その分を反映させたためマイナスとなった。キャンセルは毎月100億円分ほど発生しており、平時は新規受注額300億~400億円ほどでプラスを維持していた。しかしコロナ禍による営業自粛の影響で、4月の新規受注高は60億円程度に落ち込み、キャンセル分を吸収できなかった。

入居者斡旋件数遠隔での案内限界

 4月の入居者斡旋件数は、前年同月と比べて8%低い2万6576件だった。件数にして約2000件少なかった。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ