日本財託グループ、業務時間約477時間削減へ

日本財託グループ

企業|2020年03月08日

  • twitter

 日本財託グループ(東京都新宿区)は1月、OCRを導入した。既に導入済みのRPAと組み合わせ、入居者申し込みの対応時間について年間約477時間の削減を見込んでいる。

RPA、OCRを申し込み対応に活用

 OCRとは、紙の資料をスキャンすることで文字を読み込み、デジタルデータ変換する技術だ。同社では、送られてくるFAXの入居申込書をスキャンし、データ化している。

 同社では、繁忙期に約800件の入居申し込みが入る。以前は全ての申し込みをFAXや電話で受けていた。だが2018年からは仲介会社向けのWEBサイトをオープンし、約半数の申し込みをWEB上で受け付けることができるようになった。さらに19年の夏ごろにRPAを導入しWEB上での申し込みについては同社の基幹システムに連携することができている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ