AIで設計プラン算出

ZWEISPASE JAPAN

商品・サービス|2017年11月28日

  • twitter

収益性高い賃貸アパートを提案

不動産テックベンチャーのZWEISPACE JAPAN(ツヴァイスペースジャパン:東京都千代田区)は14日、AIを活用した土地活用の設計プランを行うシステムをリリースした。

場所や面積、建ぺい・容積率などの土地情報を入力することで、瞬時に収益性の高い賃貸アパートの設計プランが表示される。その賃料や収支も算出されるため、そのまま地主や投資家に提案ができる。
これは提携する不動産会社がオーナーへの提案に利用するもの。大手サブリース会社から賃料を提示された時のセカンドオピニオンとして使うこともできる。すでに全国の不動産会社10社が導入予定。同システムを利用し、提携不動産会社が建築請負や管理を受託した時は、売上額の一部を同社に還元する仕組み。自社でサブリース事業も行う計画もある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  5. イタンジ、入居状況を自動回答する機能、提供

    イタンジ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ