全居協、要配慮者の住宅確保推進

一般社団法人全国居住支援法人協議会,国土交通省,厚生労働省,法務省

管理・仲介業|2024年01月13日

  • twitter

2部のパネルディスカッションの様子

 一般社団法人全国居住支援法人協議会(以下、全居協:東京都新宿区)は2023年12月18日、緊急シンポジウム「社会保障としての住まいの支援を考える」を開催した。国土交通省、厚生労働省、法務省の3省の担当者が登壇し、会場には147人が参加。このうち不動産会社関係者は28人に上った。高齢者や低所得者、刑務所出所者などの住宅確保要配慮者(以下、要配慮者)を対象とした住まい確保の支援について議論した。

緊急シンポジウムに3省集結

 冒頭のあいさつで全居協の村木厚子共同代表は「昨今、『居住支援』という言葉を多く耳にする。社会保障の一つの柱として住宅確保の重要性が認知され、社会の中で問題意識が変わってきた」と述べた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『日本賃貸住宅管理協会、外国人の入居促進策を発信』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ