家いちば、売買に関するQ&A公開

家いちば

商品|2024年03月07日

  • twitter

中古住宅の流通を後押し

 空き家のマッチングサイト「家いちば」を運営する家いちば(東京都渋谷区)は1月30日、ユーザーの悩み相談の内容や不動産の活用事例を配信する、新たなコンテンツの提供について発表した。

 「家いちば保健室」の名称で、不動産の売買・賃貸や活用方法、資金面などの相談内容と回答を発信する。相談には、家いちばに所属する5人のコンサルタントが対応。個人情報が特定されない範囲で、Q&Aの形式により内容を公開していく。

 ほかにも、コンサルタントによるブログや不動産活用に関する事例紹介により、不動産の流通や活用に役立つ情報を提供。具体的には、不動産を売買する際の悩みや疑問、購入後の維持管理方法、売却するかどうか迷っている場合の判断方法など、実践的なコンテンツを想定している。個別の物件における具体的な相談も非公開で受け付け、内容に応じてコンサルティングを行う。

 家いちばは、売手が買手と直接交渉する「セルフセル方式」を採用したサービススキームで、2015年10月より運営を開始。23年12月末時点で累計利用者数は4万3000人、掲載物件数は3500件、成約物件数は840件となる。これまで空き家問題を流通の側面から支援してきたが、物件取得後の活用においてもユーザーをサポートできるよう、コンテンツの拡充を図っていく。

(2024年3月4日8面に掲載)

おすすめ記事▶『日本リビング保証、中古住宅向け保証事業が好調』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ