不動産会社のSGDs取り組みへの現状、取り組みなしが6割超える

その他|2021年10月29日

  • twitter

 国際連合が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」の17テーマについて、大手企業を中心に取り組みが進むが、不動産業界においてはSDGsへの取り組みはまだ途上のようだ。当社が9月から10月にかけて実施したアンケート調査では、SDGsに取り組んでいないとの回答が6割を占めた。一方、取り組みを行う不動産会社からは、地域との関わりが増えた、新卒の採用につながったなどの効果を実感する声も上がっている。

取り組んでいない理由には「これから着手」「方法わからず」の声

 同調査から、不動産業界においてSDGsへの取り組みはまだ進んでいない実態が浮かび上がってきた。9月14日~10月1日にかけてインターネット上で調査を行い、不動産会社113社から回答を得た。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『広がるエコ賃貸~前編~』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ