JAアメニティーハウス、契約の電子化 開始1年

ジェイエーアメニティーハウス

商品・サービス|2020年03月26日

  • twitter

 賃貸管理のジェイエーアメニティーハウス(神奈川県平塚市)は、約1年前に業務効率化のため、更新契約の電子化を始めた。横浜市・川崎市の指定エリアでテスト稼働を行い、2019年12月末までに82件の電子更新契約を実施し、人的コストを含め5割の業務の削減となった。

テスト稼動で更新業務の5割を削減

 同社の電子契約では、アットホーム(東京都大田区)の『スマート契約』と『クレジットカード決済サービス』を活用。『スマート契約』ではまず、更新の通知はがきで電子契約の希望を確認する。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. コロナで民泊稼働ゼロも

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. データで見る 部屋探し最新事情

    5. オヨライフ、「一時使用目的で2年契約」違法か

      OYO LIFE(オヨライフ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ