matsuri technologies、宿泊事業相談窓口開設

matsuri technologies(マツリテクノロジーズ)

商品・サービス|2020年03月09日

  • twitter

 民泊物件の運営を行うmatsuri technologies(マツリテクノロジーズ:東京都豊島区)は2月20日より、新型コロナウイルスによる打撃や影響を受けた宿泊施設に対し、運営や売却の相談窓口を開設した。

 マンスリーの転用も提案

 同社では住宅宿泊事業法(以下、民泊新法)に適した民泊物件や簡易宿泊施設の運営を全国で約1000室行っている。また、180日規制のある民泊新法下の施設には、残りの日数をマンスリー賃貸として転用する「二毛作民泊」を展開する。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ