土地の液状化などのリスク診断サービス開始

地盤ネット

企業|2015年03月19日

  • twitter

安全度を100点満点でスコア化

地盤セカンドオピニオンを主力商品として展開する地盤ネット(東京都中央区)は、3月6日、新サービスを発表した。
サービス名は「地盤カルテ」。
同社解析による土地の改良の要不要の地盤判定結果、標高マップ、災害履歴、土砂災害危険箇所などを1つの地図情報システムに集約。
液状化などのリスク情報を無料で診断することができる。
入力した土地の安全度を100点満点で評価する。
同社のホームページ内にある、地盤安心マップにアクセス。
住所を入力してウェブから申し込むと、「地盤カルテ」がメールで送られる仕組みだ。
賃貸住宅の建設を考える場合に参考情報として使うことができる。
同社はこれまでに蓄積した10万件以上に及ぶ地盤解析データと、自治体などが提供するハザードマップなどのオープンデータを活用することにより、今回のサービス提供が可能となった。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ