災害時に賃貸物件を無償提供

栃木県

2016年09月16日

  • twitter

平常時から物件情報を把握


栃木県は6日、地震や水害など大規模震災が起きた際に、賃貸住宅を借り上げて被災者へ提供する協定を、県宅地建物取引業協会と全日本不動産協会県本部と結んだ。
賃貸住宅を災害時の応急仮設住宅として早急に提供できるよう、平常時から物件情報を精査する仕組みを構築する。

両協会が賃貸物件の情報を取りまとめ、災害時に貸し出しできる物件として県へ提供する。
災害時には県がそれらを借り上げ、被災者へ無償で貸し出す。
賃料4万8000~7万円のものを対象にする。

熊本地震や、昨年9月に発生した東北地方の豪雨による水害などを想定し、備える。
災害で自宅が全壊や全焼などの被災者を対象に、最長2年間賃貸住宅を提供する制度にする。

県庁で行った締結式で福田富一知事は「被災者に一日でも早く住まいの安定が図られるようにしたい」と語った。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  3. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  4. 賃貸仲介のヴィダックス、『TikTok』で集客成功

    ヴィダックス

  5. 東建コーポレーション、オンライン仲介を本格稼働

    東建コーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ