スマホで解錠するキーボックス開発

スマサポ

企業|2017年06月12日

  • twitter


エントランスの開閉にも対応

不動産業務支援を行うスマサポ(大阪市)はスマートフォンで解錠するキーボックス『スマサポキーボックス』を重工メーカー大手IHIの子会社、IHI運搬機械(東京都中央区)と共同開発した。

同製品を取り付けた空室の玄関扉に、スマートフォンをかざすとキーボックスが解錠し、中から鍵が取り出せるというもの。スマホには事前に専用アプリ『スマサポアプリ』をインストールし、管理会社から鍵の使用承認を得る必要がある。
さらに、エントランスのオートロックにも対応。『スマサポキーボックス』と連携するモジュールを設置することによってスマホでオートロックの開錠も行うことができる。

管理側はいつどの端末で開錠されたかの確認や、時間指定、内覧予約などの使用権限を設定し、データを蓄積するとともにセキュリティにも配慮した。

小田慎三社長は「内覧時に鍵の受け渡しで手間がかかったり、ガスメーターに鍵保管ボックスを取り付け防犯上問題があったりなど改善点が多かった。当製品はこれらの解決し、管理側はデータ活用することができる」と話す。

『スマサポキーボックス』は玄関ドアに磁石で設置。さらにベルトを使ってドアに製品を貼り付けるため、シリンダー形状に依存することもない。
9月ごろ市場展開していく予定。販売価格は5000円(税別)。月額利用料は1万5000円から。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. ディライト、適正価格を意識し満室稼働

    ディライト

  5. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ