シンガポールで大規模再開発事業

三菱地所

企業|2017年07月25日

  • twitter


現地不動産会社と連携

三菱地所(東京都千代田区)は13日、シンガポールで大規模再開発事業に参画することを発表した。

シンガポールに拠点を置くアジア最大規模の不動産会社Capitaland Limited(キャピタランドリミテッド:シンガポール)、シンガポール証券取引所上場REITのCapitaland Commercial
Trust(キャピタランド コマーシャル トラスト、以下CCT:シンガポール)と共同で事業を手掛ける。

CCTが保有するシンンガポール中心部約6100㎡の敷地に、オフィス・サービスアパートメント・商業施設などの入る高さ約280mの高層ビルを建設。総事業費は1450億円にのぼる予定だ。サービスアパートメントは、グループのアスコットが運営する可能性もありそうだ。

三菱地所グループはアジア・オセアニア地域9カ国で不動産事業を展開している。今後も海外での不動産開発を進めていく。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ