建物再生の視察イベント開催

NPO法人福岡ビルストック研究会

その他|2017年11月21日

  • twitter

入居者によるDIYリノベーションで価値を向上

老朽化ビルの再生や再生手法の普及に取り組むNPO法人福岡ビルストック研究会(福岡市)は6~12日、福岡県内で『Fukuoka DIY リノベ WEEK 2017』を開催した。
入居者が室内を自ら改修する『DIYリノベーション』を用いて、築古の住宅やシャッター街になっている商店街のテナントに入居を促し、建物やまちの活性化に取り組む現場をツーリズム的に見学ができるイベントだ。

今年の会場は福岡市、久留米市、柳川市、大牟田市、大川市など11拠点。新たに柳川市で解体予定だった古民家を100人以上がDIYに参加して改修した宿泊施設『柳川ゲストハウスほりわり』が加わった。
イベント開期中の1週間で延べ300人ほどが参加、関西からは大阪府宅地建物取引業協会中央支部の会員26人が1泊2日で視察に訪れた。各会場を回り、改修費用や耐震問題などについて関心を示していた。一般社団法人日本不動産経営協会の菅完治氏も会場に足を運び、「以前見た1階テナントが進化していて驚いた。各地域の取り組みを参考にしたい」と語った。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ