サービスアパートメントに参入

パナホーム

商品・サービス|2017年11月27日

  • twitter

東京都中央区に54戸の新築

パナホーム(大阪府豊中市)は12月に同社初となるサービスアパートメント『BUREAU(ビュロー)水天宮』をオープンする。

訪日外国人が増加し2000万人を超え、宿泊施設不足が深刻化していることから、ビジネスでの長期滞在者の取り込みを狙い企画した。

『BUREAU水天宮』は東京メトロ半蔵門線「水天宮」駅から徒歩4分と好立地の新築プロジェクト。RC造10階建て全54戸で、間取りは1K~1LDK。賃料は27万~46万8000円だ。住宅設備と家電は全てパナソニック製を採用。広報部の井筒克彦氏は「美容家電も導入した。パナソニックブランドの製品をそろえたことで外国人の利用者に訴求できると考えている」と語った。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ