米ワシントンに賃貸住宅

三井不動産

企業|2018年03月28日

  • twitter

海外事業推進,地元デベと共働

三井不動産(東京都中央区)は16日、米国ワシントンDCエリアで、2棟目となる賃貸住宅『1630コロンビアロード(仮)』への参画を発表した。アメリカでの賃貸住宅の開発としては6棟目となる。

同物件は、地下鉄「コロンビアハイツ」駅から徒歩8分に立つ、地上10階建て、全176戸の賃貸マンション。2019年に着工し、完成は21年の予定だ。歴史的な保存地域内にあり、周辺には大使館や教会が集まる希少な地区。ワシントンDC中心部の開発に特化した地元デベロッパーのEastBanc(イーストバンク)社との共同事業で、特別目的会社を組成した。

17年4月には地下5階地上22階建て総戸数は約330戸の賃貸住宅『4000ノースフェアファックスドライブ』の開発を公表し、20年の完成を見込む。ニューヨークでは318戸と392戸の賃貸マンションを、サンフランシスコでは116戸の案件を手掛けており、今回の発表を含めると供給は1300戸以上に上る計算だ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ