不動産ストック有効活用事例学ぶ

公益財団法人不動産流通推進センター

その他|2018年06月19日

  • twitter

国交省、中古住宅のイメージ向上へ

業界関係者ら約200人が参加

公益財団法人不動産流通推進センター(東京都千代田区)は6月7日、住宅支援機構本店(東京都文京区)で『不動産業のためのストック有効活用フォーラム』を開催した。業界関係者ら約200人が参加した。

第1部では「既存住宅・建築物の活用促進、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化」と題して、国土交通省の大臣官房審議官住宅局の山口敏彦氏が登壇。国が中古住宅のマイナスイメージを払拭(ふっしょく)するために事業者団体に標章を付与する制度「安心R団地(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)」について説明。山口氏は「不安」「汚い」「わからない」の3つのイメージを払拭する必要があると強調し、特に「汚い」イメージの払拭においては外装・内装・設備の現況写真を閲覧できるよう呼びかけた。

第2部では「エバリューションによる有効活用活性化」と題して、明海大学不動産学部長の中城康彦教授が登壇。産業遺構の紡績工場を分譲住宅に再活用するなど、イギリスやロシアの不動産有効活用事例を紹介した。その後「建物エバリュエーション」事例コンテストの受賞事例発表が行われた。大賞を受賞したのは尚建(東京都文京区)の『Things.YANAKA(シングスヤナカ)』、優秀賞にスペースRデザイン(福岡市)の『リノベーションミュージアム冷泉壮』と日本土地建物(東京都千代田区)の『ドーミーイン後楽園(NTPR後楽園ビル)』。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ