民泊物件をサブリース運用

宅都

企業|2018年07月03日

  • twitter

日本エスリードと業務提携

不動産関連事業を手掛ける宅都ホールディングス(大阪市)は6月22日、関西で新築分譲マンションを手掛ける日本エスリード(大阪市)と民泊事業で業務提携したと発表した。日本エスリードが開発する民泊物件を、宅都がサブリース(一括借り上げ)で運用する。

宅都が賃貸管理経営で培ったコンサルティングやサブリース契約の手法を民泊にも転用する。賃貸業での運用基盤を基に、資産運用の新たな収益モデルとしての民泊事業を行う。サブリースの運用方法として、現在の賃貸に加えて収益性の高いマンスリーマンションや民泊も選択肢に加える。

日本エスリードが開発する建物には高級感がある物件が多く、入居者ニーズやライフスタイルに応じたファミリー型や都市型物件が強み。民泊物件についても、生活に必要な設備が整っているだけでなく、「"住む"ように滞在できる」(宅都担当者)という高級民泊を提供する。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

  5. akippa、シェア駐車場に飲食販売車誘致

    akippa(アキッパ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ