遠隔でオートロックを解錠

スマサポ

商品・サービス|2018年10月03日

  • twitter

分譲賃貸の利用見込む

▲モニターに取り付けることで遠隔操作が可能

宅都グループで不動産業務支援を行うスマサポ(東京都豊島区)はスマートフォン操作で解錠するキーボックスと内見申し込みをウェブ上で行うシステムに、新商品『SKP(エスケーピー)(仮)』を投入する。分譲賃貸でエントランスのオートロック解錠を遠隔操作する機能を持つ。10月から試験運用を開始し、年内の発売を計画している。

『SKP(仮)』は区分マンションで賃貸している住戸が空室になったときに使用する。本体を住戸内のエントランスを操作するモニターに取り付けるだけで、スマートフォンから遠隔操作ができる。

仲介スタッフは事前にスマサポのシステムで内見を予約。現地に到着したらエントランス前で内見したい部屋の番号をオートロックのモニターで呼び出して、そのあとスマートフォンで解錠操作を行う。するとスマートフォンからの指示を受け、室内の本体が作動しモニターの開閉スイッチを押す仕組みになっている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. 2020 人気設備ランキング発表

  4. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ