「リノベーションまちづくり」で和歌山市と協定

南海電鉄

リフォーム・リノベ|2018年10月10日

  • twitter

遊休不動産活性化で雇用創出

▲和歌山市が行ったリノベーションスクールの様子

南海電気鉄道(大阪市)は3日、和歌山市と「リノベーションまちづくり」に関する連携協定を締結した。同市中心部の遊休不動産を再生・活用することで雇用や産業を創生し、地域価値の向上を図る。

同社では和歌山市内においての取り組みとして、2014年より地元の観光協会との共同で「加太さかな線プロジェクト」を実施しており、電鉄の加太エリアの交流人口拡大をテーマにした観光路線化を目指している。この取り組みを推進するため、和歌山市と連携したリノベーション街づくりを通じて市内中心部の遊休不動産の流通を図る。加太線沿線や和歌山市駅周辺エリアの魅力を創出し、沿線人口の増加を見込んでいる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    5. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ