住宅セーフティネットの登録推進

ビレッジハウス・マネジメント

商品・サービス|2019年04月03日

  • twitter

ビレッジハウス、大阪に次ぎ兵庫で強化

ビレッジハウス洲本1号棟の外観

全国で約10万戸を管理するビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)は3月12日、兵庫県内の管理物件を住宅セーフティネットに登録を開始した。
県内の3428戸の登録を目指す。
現在の兵庫県登録数は、洲本市と南あわじ市の2物件140戸だ。

同社は、国が所有していた旧雇用促進住宅を買い取り再生する中で、低所得者層を受け入れる住宅として活用し、社会的役割を担っていく方針。
兵庫は大阪府に続き2県目で、今後関西エリアから全国に登録を広げていく。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    5. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ