外国人対応部署を年内新設

ワンダーライフ

商品・サービス|2019年11月06日

  • twitter

 名古屋で『アパマンショップ』を12店舗運営するワンダーライフ(愛知県名古屋市)の東康貴社長は10月28日、部屋探しをする外国人向けの専門部署を、年内に新設すると伝えた。

仲介成約300件の見込み

 外国人の部屋探し対応は、これまで店舗単位で適宜応じていたが、今後は専門部署で応じる。英語・中国語・ベトナム語を話せる人材を確保し、機動力を上げる。市内で増える外国人需要の取りこぼしを防ぐ狙いがある。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ