フィット、狭小地の戸建て賃貸住宅を開発

フィット

商品・サービス|2019年12月03日

  • twitter

『FITCELL-Mini』のイメージパース図

 太陽光発電などのクリーンエネルギー事業や不動産事業を手掛けるフィット(東京都渋谷区)は、狭小地に建てられる投資用戸建て賃貸住宅『FITCELL‐Mini(フィットセル ミニ)』の販売を11月19日より開始した。

45坪に2棟建設で初期投資を抑える

 同商品は、45坪程度の土地に2棟を建設し、1棟当たり499万円だ。間取りは2LDKと3LDKから選ぶ。2棟同時に建設することで初期投資を抑えることが可能となった。他に、売電収入が見込める7・02kwの太陽光発電システムを搭載したタイプは1棟当たり649万円(いずれも税別)。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    5. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ