収益柱は賃貸管理・ホテル

TATERU

企業|2019年12月04日

  • twitter

 TATERU(東京都渋谷区)は11月22日の経営方針説明会で、今後はアパート事業を縮小し、賃貸管理業とホテル事業を柱に展開する旨を発表した。

22年度の営業利益10億円以上

 2022年12月期を最終年度とする中期計画では営業利益10億円以上を見込み、ピーク時の約6分の1の規模に縮小となる。今後の事業領域をアパート販売事業、賃貸管理事業、そしてホテル開発・運営事業の三つに分ける。その中でも、ホテル開発・運営事業に注力したい考えを示している。

 ホテル開発・運営(スマートホテル事業)は「戦略的成長領域」に位置付け、収益源に育てていく。

 スマートホテル事業のビジネスモデルは、同社が開発した小規模ホテルの稼働率を上げた上で、一棟1億円以上で投資家に販売する。その後、運営手数料を継続的に得る仕組み。

 同社が開発するホテルは、町家タイプの小規模宿泊施設。建物内に飲食店を設けず、一度に7人程度泊まれる宿泊スペースなどを設ける。現在福岡県内の博多・天神エリアで22施設104室展開し、20年には新たに23施設30室を開業予定。

 このスマートホテル事業の業績は、直近19年1~9月期では売上高4億3800万円、営業利益1億5900万円を計上。今後業容を広げて投資家向けに開発・販売を進めるものの、将来的な事業規模は、現段階ではわかっていない。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ